未来の彼によく思ってもらえるように

 

半年間。彼に連絡をするのは止めましょう。

半年間というのは復縁が最も成功しやすい期間になっています。

しかし、どうしても最後に彼と連絡が取りたい。

と、思うかもしれませんが、腹を決めたさっぱりしたメールを送るのはとても難しいです。

 

 

この時に、

復縁したいのだけど

私はこれからもあなたが好きよ

いつか気が向いたらやり直して欲しい

などというニュアンスを含んだメールを送るのは絶対にダメです。

 

それならどういう内容ならいいのか?

という話ですが、さっぱりとしていて
復縁なんて望んでいないし、縋りつく気は無い
と匂わせられる内容が望ましいでしょう。

 

「今までありがとう。いい思い出になりました。さよなら」

 

これだけでいいのです。

 

 

まず、彼に何も要求していませんよね?

何かを望んでいませんよね?

 

もしここで復縁について触れたら、
彼はまだそれについて返信しなければいけないと悩むでしょう。

 

 

それをさせてはいけないのです。

そしてまたあなたが面倒くさくなってしまうのです。
そうしたら一歩一歩、復縁は遠ざかっていきます。

 

次に、まだ自分はあなたを好きだと、
自分の感情を彼に聞いてもらおうとしてませんよね。

 

貴方が今彼を好きなところで、
相手にはしったこっちゃないわけです。

 

 

別れを望んだということは、
解放されたかったと言っても過言じゃないでしょう。

 

なので今は彼が望むままに自由にさせましょう。

本当に縁があるのなら彼は貴方の元に必ず戻ってきます。

 

そしてなによりシンプルですね。

 

長文だとどんな内容といえど重苦しく、
面倒くさく感じてしまいがちですが、シンプルなので
彼は安心してその言葉を受け入れることができます。

 

 

復縁を迫られるなどの不安も薄れるでしょう。
そして彼と将来復縁できる可能性があがるのです。

 

 

今の彼が可能性はないと言っても
未来はどうなっているかなんてわかりません。

今の彼に縋っても意味は無いのです。

 

すべては未来の彼によく思われるように。
そう考えて今は自分の気持ちを抑えましょう。

 

 

復縁する為の我慢が、いつか実るはずです

 

今は納得いかない事や不満なこと、
問い詰めたいことなど沢山あるかもしれませんが、
復縁を望むのならばやめた方がいいでしょう。

 

とにかく、今は半年間、彼との復縁を思えばこそ。

 

連絡をピタッと立てないのなら、
今までのを参照にしたメールを送ってください。

 

 

くれぐれも縋ったり、重たいと感じる
文章にはならないよう十分に気をつけましょう。